募集から採用までの流れ

占い師募集に応募をする

対面占いの利点と言えば、一対一で面と向かって鑑定ができることです。占い師の顔が見えることでお客様からの信頼度は一気に上がりますし、占い師としてもお客様の表情が読めるだけで一層鑑定がしやすくなるでしょう。
さて、それではどのようにして対面占い師になるのでしょうか。
 
占い師の求人の中でも対面占い師の募集はやはり人気で、それは鑑定のしやすさとも関係があるのではないでしょうか。しかし対面占い師の募集は難しく、オーディションを勝ち抜けることができるのもほんの一握りと言われています。
対面占いの募集では、まず書類審査を通る必要があります。多くの場合は応募時に鑑定士歴や使用する占術、経歴などを送り、その内容から審査を行うようです。占いの館ウィルの募集でも、名前などのほかに使用占術、得意な相談内容、プロ鑑定歴、活動歴詳細、自己PRの記入が必須となっていました。会社によっては経験者、初心者は問わない場合があり、鑑定の実力さえあればオーディションに合格することもできるようです。この時点で会社スタッフによって書類審査が行われますから、自己PRを含めてしっかり書く必要があります。中にはこういった文章を書くのが苦手と言う方もいらっしゃるとは思いますが、自己PRを簡素にしても良いことはありませんから、働きたい気持ちや占いに対する気持ちなど、やる気の伝わるような文章を書いてみましょう。オーディションはここで記載した情報を元に行いますから、嘘偽りのない情報を記載してください。
 
折り返しの連絡が来たら詳しい説明やオーディションの日取りの決定などがあります。
オーディションで見られるのは何も実技だけではありません。身だしなみや話し方、お客様への鑑定結果の説明や鑑定の手際なども同時に見られます。鑑定結果が当たるかどうかよりも、鑑定結果を踏まえて良いアドバイスができるか、お客様の納得する返事をすることができるかと言った内容を重要視されるようです。占いを頼って利用するお客様の多くは心に不安や悩み、心配ごとを抱えています。その不安や悩みを煽るような鑑定をする占い師は、いくら占いが当たっても合格することはありません。お客様の気持ちを一番に考え、不安や悩みを解消するお手伝いをすることが出来る占い師こそ、求められる占い師と言えるでしょう。
 
オーディションの結果は後日連絡が来るようになっています。連絡を待って見事合格した場合、占い師として活動する準備が始まります。契約をした後、鑑定士プロフィールの作成や鑑定準備を進めて、見事プロの鑑定士としてデビューすることができます。これまでが一般的な対面の占い師募集から採用までの流れになります。あくまで一般的な流れであってウィルに特化した話ではないので、占い師になりたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。